instagram運用

Instagramを10倍効果的に使う方法「アクセス解析」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも!インターン生のオダ です!
今回、この記事が初投稿となります。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

この記事を読まれている皆さんはもう、Instagramを何かビジネスで活用したい!という思いを持っておられるはずです。

では、「アクセス解析」というものを活用したことはありますか?

「アクセス解析」を使いこなすことで、Instagramを今より格段に、効果的に使えるようになります!

本記事ではInstagramでのアクセス解析のメリットや方法などを、解説していきます。

アクセス解析って、なんで重要なの?

ではそんなアクセス解析がなぜ大事なのか、説明していきます。

現状を正確に把握できる

普段、Instagramで何か投稿すると、「いいね」や「コメント」は通知で届くため、目に入ってきます。

ですが、逆に言えば情報がその程度しかないことになります。

アクセス解析で豊富な情報を手に入れることで、現状をより正確に把握することができます。

目標までにどうすべきか明確になる

現状を正しく把握することで、「どのような手を打てばいいのか」をより具体的に考えることも可能になります。

例えば、Instagramを通じて「花が好きな女子と繋がりたい」「そして自分で作った花のアクセサリーを、プロフィールのURLから購入につなげたいな」と考えているとしましょう。

なんとなく、「花が好きな女子」が好きそうなタグを使ったり、写真も工夫したりしているのに、なかなかフォロワーが伸びない…。

そんな時に、アクセス解析を見て現状を正しく認識することで、自分はどうすべきかがよりはっきりします。

もしかしたら、Instagramを開いている人がとても少ない時間帯に投稿をしてしまっているかもしれません。投稿やハッシュタグごとの反応の良さが違うことに気づき、より効果的な投稿をすることができるかもしれません。

このように、アクセス解析を使ってみることで、把握できる情報量も、そこからどうすべきかの戦略の具体性も、かなり変わります!

そもそもアクセス解析って何?

なんか重要そうな「アクセス解析」ですが、こいつは具体的に何者でしょうか。

簡単に言うと、自分のアカウントや投稿へのアクセス状況を、数字で可視化してくれる機能です。

ではどれくらいの情報を可視化してくれるのか、まずは列挙してみたいと思います。

・その投稿は何人に見られたのか?
・そこから何人がプロフィールにアクセスしてくれたのか?
・プロフィールに記載してあるウェブサイトのクリック数はいくつか?
・その投稿にはどのように辿り着いたのか?(タイムライン、ハッシュタグ等)
・1週間のうち各曜日ごとの、自分の投稿にたどり着いたアカウントの数は?
・各曜日ごとの、プロフィールにアクセスされた数は?
・何時に何人がインスタを利用しているか?
・フォロワーの年齢層は?
・フォロワーの性別の割合は?
・どこに住んでいる人によく見られているか?

これだけのことが、ひと目で分かるように表示してくれます。

めちゃくちゃ、すこぶる優秀なアヒスタント、といったところでしょうか(そんな人僕も欲しい…)。

上記の情報を手にすることで、フォロワーと正しく「会話」することができます。

「どの時間帯なら見やすい?」「どんな投稿が好きなの?」「どこに住んでるの?」「何歳くらい?」

このようなことを知ることで、こちら側もよりフォロワーが好きそうな投稿をすることができます。会話のキャッチボールに似ていますね!(ちょっと強引…?)

アクセス解析の使い方は?

こんなに優秀なアシスタント、いったいどうやって使うの?という問いにお答えしていきましょう。

まずは、ご自身のInstagramのアカウントを「クリエイターアカウント」もしくは「ビジネスアカウント」に切り替える必要があります。


プロフィールの右上を押して


「設定」を選択


「プロアカウントに切り替える」を押してください。


どちらを選択しても、アクセス解析を利用することは可能です。ご自身の目的に合わせてお選びください。またアカウントを切り替えることは無料でできます!

その後、プロフィール画面を開くと…


「インサイト」が表示されます。

そこから様々な情報を確認することができます!


投稿ごとのインサイトや、


直近1週間のフォロワーの反応、


またフォロワーの情報についてもわかるようになっています!

まずはプロアカウントへの変更を!

プロアカウントへの変更は、プロフィール画面から簡単に行うことができます。

ぜひ、アクセス解析を活用し、より効果的にInstagramを使いこなしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す